大正DHA・EPA

生活習慣病の予防にDHAとEPA

生活習慣病とは、偏った食事や運動不足、ストレスや暴飲暴食といった普段の生活習慣により発症する病気のことをいいます。
このような良くない生活習慣を続けていると、血管にコレステロールがたまり動脈硬化をもたらします。

動脈硬化になると、血液の流れが悪くなり、やがてコレステロールが血栓となってついには血管を塞いでしまう事態となるのです。
動脈硬化は、高血圧や糖尿病、肥満や脂質異常を招きます。

動脈硬化によるこれらの症状を、一般に生活習慣病と呼んでいるのです。
生活習慣病の恐ろしさは、自覚症状がないまま症状が進行してしてしまうことです。

そのため健康診断で要注意と言われ指導を受けても、特に悪い症状にあると感じないことから、生活習慣を正さないまま悪化していき、ついには心筋梗塞や狭心症、脳梗塞、糖尿病が悪化し失明したり下肢が壊死するといった命にも関わる事態に追い込まれてしまうことがあるのです。

こうならないためにも、普段の生活習慣を正すことが肝心です。
中でも特に食生活は、生活習慣病を予防する最も重要な要素です。

動脈硬化を防ぐには、血管にコレステロールをためないよう血液をサラサラにすることが求められます。
血液をサラサラにするのに効果的と言われるものに、青魚があります。

青魚が良いとされるのは、そこにDHAとEPAという成分が含まれているからです。
DHAとEPAは、血行を促進し血液が固まるのを防ぐ効果があるとされています。

できるだけ毎日青魚を取ることが理想ですが、それはかなり困難でしょう。
そこで、DHAとEPAを含むサプリメントの摂取が推奨されています。
大正DHA・EPAは、青魚のサラサラ成分「DHA・EPA」が健康をサポート!

バナー原稿imp

オススメのDHA・EPAはこちら

ドラッグストアーやネット通販で人気の「DHA・EPA」のサプリメントは、各社いろいろな商品が販売されていますが、ここでは、私が実際に飲んで試した人気のDHA・EPAのサプリメントをご紹介します。