青背の魚を食べて健康になろう

DHA EPA きなり

現在では、青背の魚に含まれるDHAやEPAが、体に良いと言うことはたくさんの人に知られるようになりました。
DHAやEPAは、青背の魚にしか含まれていないと言われることもありますが、大豆や野菜にも含まれています。

どう言う作用があるかと言うと、血液中の中性脂肪や悪玉コレステロールを減らす、善玉コレステロールを増やすなどです。
また、EPAは血液をサラサラにする作用があります。

近年、魚をたくさん食べる人ほど、心筋梗塞や脳梗塞の発症が少ないと言うことが分かってきました。
健康増進のためには、1日に摂取する油の3分の1は、青背の魚から摂った方が良いと言われています。

青背の魚の油を効率良く摂るためには、調理に少し工夫をしなければいけません。
網焼きや揚げ物にすると、油が失われやすいと言うデータがあります。

スープにして汁まで余すところなく摂るのが基本です。
青背の魚は、いわしやさんまやあじが代表的ですが、スープにする場合はいわしを使うことが多いです。

しかし、いわしにも種類があるので、何でもいいと言うわけではありません。
DHAやEPAを最も多く含むのはまいわしです。スープにするなら、まいわしを使うのが基本と考えられています。

ただ、まいわしでも新鮮なものを選ばないといけません。
いわしの脂肪酸は酸化しやすいと言う特徴があるからです。
新鮮でないものを選んでしまうと、食べてもDHAやEPAは思うように摂れません。


きなり

オススメのDHA・EPAはこちら

ドラッグストアーやネット通販で人気の「DHA・EPA」のサプリメントは、各社いろいろな商品が販売されていますが、ここでは、私が実際に飲んで試した人気のDHA・EPAのサプリメントをご紹介します。
DHA&EPA+セサミンEX