DHAとEPAの効果と取り入れ方

大正製薬 大正DHA EPA

DHAはドコサヘキサエン酸、EPAはエイコサペンタエン酸といい、ともに魚の脂肪に含まれる脂肪です。
脂肪は、常温で固まりにくい不飽和脂肪酸と常温で固まりやすい飽和脂肪酸に分けられます。

飽和脂肪酸は主に豚や牛から摂取される脂肪で、不飽和脂肪酸はいわしなどの魚油から摂取されます。
不飽和脂肪酸の中でも体内で合成できないために外から摂取する必要のあるものが必須脂肪酸と呼ばれています。

この必須脂肪酸であるDHAとEPAは、互いに似た効能を持ちますがそれぞれ得意分野が違います。
ともに動脈硬化などの生活習慣病の予防に効果的ですが、コレステロールの減少にはDHA、中性脂肪の現象にはEPAと言われております。

さらに、1番の違いはDHAは脳を活性化し記憶力の向上や認知症予防が可能ですが、EPAは脳に達することができません。
どちらかというと、血小板凝集抑制の効果が高いので、DHAよりも血液をサラサラにしたり血栓症の予防に役立ちます。

これらの必須脂肪酸の取り入れ方ですが、食品から摂取する場合は青魚を食事に取り入れることです。
しかし、青魚には水銀が含まれていますので妊婦の場合は、多量の摂取は避けるように言われています。

魚の好き嫌いで青魚の摂取が難しい人はサプリメントをうまく取り入れると良いです。
さらに最近の報告ではDHAの摂取で、アレルギーや視力、ストレスへの効果もみられています。

現代の食生活ではDHAやEPAの摂取は少ないと言われています。
うまく青魚やサプリメントを取り入れていくことが大切です。

大正製薬の大正DHA・EPA 1000円

オススメのDHA・EPAはこちら

ドラッグストアーやネット通販で人気の「DHA・EPA」のサプリメントは、各社いろいろな商品が販売されていますが、ここでは、私が実際に飲んで試した人気のDHA・EPAのサプリメントをご紹介します。