青魚に含まれるDHAとEPA

青魚に含まれるDHAとEPA

青魚に含まれる成分といえばDHAとEPAです。
DHAはドコサヘキサエン酸の略で、EPAはエイコサペンタエン酸の略です。

多価不飽和脂肪酸の一種で、サバ、イワシ、カツオ、ブリ、マグロ、サンマ、などの青魚に多く含まれています。
DHAもEPAも体内で合成することができないので、食べ物で摂取する必要があります。

しかし、青魚をなかなか食べる機会がないという人や、苦手だという人も多いのではないでしょうか。
その場合は、サプリメントやドリンク剤などで摂取するのが良いでしょう。

DHAやEPAを効率よく摂取することができます。
DHAやEPAの主な効果としては、血液サラサラ効果、中性脂肪を下げる効果、悪玉コレステロールを減らす効果、アレルギーを緩和させる効果、美肌効果、ダイエット効果など、健康や美容に役立つ様々な効果があります。

それに加えてDHAには、記憶力を高めるなどの脳の機能を発達させる効果も認められています。
健康診断や人間ドックなどの血液検査の結果で、中性脂肪やコレステロールの数値が高くて悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

中性脂肪や悪玉コレステロールの数値が高いと、血液がドロドロになり、動脈硬化の原因となってしまいます。
動脈硬化が進むと、脳梗塞や脳出血や心筋梗塞や狭心症などの病気にかかるリスクが高くなってしまいます。

DHAとEPAが豊富に含まれている青魚を積極的に食べたり、サプリメントやドリンク剤などで摂取したりして、健康な血管を保ちましょう。
バランスの良い食生活や規則正しい生活習慣も重要になります。

サトウ 美健知箋EPA&DHA

オススメのDHA・EPAはこちら

ドラッグストアーやネット通販で人気の「DHA・EPA」のサプリメントは、各社いろいろな商品が販売されていますが、ここでは、私が実際に飲んで試した人気のDHA・EPAのサプリメントをご紹介します。