青魚に多く含まれるDHAとEPAとは

青魚に多く含まれるDHAとEPAとは

DHA(ドコサヘキサエン酸)とEPA(エイコサペンタエン酸)は、オメガ3脂肪酸とも呼ばれる必須脂肪酸の一種です。
常温で固まりにくく、サラサラしているという特徴があります。

DHAは脳の神経の発達や機能維持に効果があるとされています。
EPAは血中の中性脂肪を正常に保つ働きなどがあるため、生活習慣病を予防する効果があるとされています。

また、どちらの成分にも血圧やコレステロール値の正常化やアレルギー反応の抑制、心疾患の予防、目の健康維持、精神の安定化などの効果があるとされています。
DHAやEPAは肉類や野菜類にはほとんど含まれておらず、主に魚介類に多く含まれています。

魚介類の中でもマグロやイワシ、ブリ、サンマ、サバなどの青魚に特に多く含まれています。
青魚以外ではウナギやサケ、筋子などに多く含まれています。

厚生労働省が推奨しているDHAやEPAの1日の摂取量は1g以上ですが、そのためにはクロマグロの赤身の刺身なら約9人前が必要になります。
また、魚を煮たり焼いたり揚げたりするとDHAやEPAは減少してしまうので、より多くの量を摂る必要があります。

そのため、食事だけで1日の必要量を摂るのは難しいですが、サプリメントを利用すれば簡単に1日の必要量を摂取することができます。
DHAとEPAは相互的に働くので、サプリメントは両方の成分が含まれているものを選ぶとより効果的です。
また、DHAやEPAは一度に大量に摂取するより毎日こまめに1gを摂取した方が効果的です。

青魚博士を購入してみました

オススメのDHA・EPAはこちら

ドラッグストアーやネット通販で人気の「DHA・EPA」のサプリメントは、各社いろいろな商品が販売されていますが、ここでは、私が実際に飲んで試した人気のDHA・EPAのサプリメントをご紹介します。