青魚に含まれるDHAとEPAの効果

大正DHA・EPA
大正DHA・EPA

中性脂肪や悪玉コレステロールなど、脂質の数値が高くて悩んでいる人は多いのではないでしょうか。
加齢にともないその悩みもどんどん深刻になっていきます。

中性脂肪や悪玉コレステロールの数値や血圧が高くなると、動脈硬化の原因となってしまいます。
動脈硬化が進むと、脳梗塞、脳出血、狭心症、心筋梗塞、大動脈瘤などの病気が発症するリスクも高まります。

中性脂肪や悪玉コレステロールの数値は、血管の状態のバロメーターとなりますので、正常な数値に保つことが大切です。
そのためには、バランスのとれた食生活や適度な運動や良質な睡眠など、健康的で規則正しい生活習慣を心がける必要があります。

さらに、DHAとEPAの摂取が効果的です。
DHAはドコサヘキサエン酸、EPAはエイコサペンタエン酸の略で、多価不飽和脂肪酸の一種です。

イワシ、サバ、カツオ、マグロ、ブリ、サンマなどの青魚に多く含まれる必須脂肪酸です。
中性脂肪を下げる効果や、悪玉コレステロールを減らす効果や血圧サラサラ効果があります。

DHAとEPAは体内で合成することができないので、食べ物で摂取しなければなりません。
青魚が苦手な人や食べる習慣がない人は、サプリメントやドリンク剤などで摂取しましょう。

手軽に効率的に摂取することができます。
抗酸化作用のあるビタミンEと一緒に摂取することで、DHAとEPAの効果を高めることができます。
積極的に摂取して、健康な体づくりに役立てましょう。

大正DHA・EPA 詳しくはこちら

オススメのDHA・EPAはこちら

ドラッグストアーやネット通販で人気の「DHA・EPA」のサプリメントは、各社いろいろな商品が販売されていますが、ここでは、私が実際に飲んで試した人気のDHA・EPAのサプリメントをご紹介します。
DHA&EPA+セサミンEX