脳の若さを保つDHA、その効果と必要量について

「近頃、物忘れがひどくなったな」そう感じた事はありませんか。
こんな方におすすめな成分があるのです。それが「DHA」なのです。
DHAとは、一体何なのでしょうか。

DHAは、ドコサヘキサエン酸の略で、マグロ、ハマチ、サバ、イワシといった背中の青い魚に多く含まれる多価脂肪酸です。
また、人間の生存に不可欠な、体になくてはならない必須脂肪酸の一つでもあるのです。

DHAには、脳や神経組織の機能を高める働きがあります。
脳にある神経細胞を活性化することで、記憶力や学習効果、判断力を向上させる効果をもつ成分であることが知られています。
その他、脳の血流改善やアルツハイマー型認知症の改善、動脈硬化の予防など、私達にとって多くの嬉しい効果をもたらしてくれる有り難い成分なのです。

しかし、DHAは体内で作られることができないため、摂取するより他に得られる方法がありません。
そして、その必要量は、EPA(エイコサペンタエン酸)と合わせて1日に1000ミリグラム以上が望ましいとされています。

昔から魚を多く食べる習慣のあった日本人ですが、最近の成人の平均摂取量は一日400ミリグラム程度であり、必要量には足りていないというのが現状です。
毎日、青魚を食べるというのも困難ですから、時と場合によって健康食品やサプリメントでDHAを摂取するのも良いでしょう。
毎日の生活に積極的にDHAを取り入れ、いつまでも脳の若さを保っていたいものです。

サントリー DHA&EPA+セサミンEX

オススメのDHA・EPAはこちら

ドラッグストアーやネット通販で人気の「DHA・EPA」のサプリメントは、各社いろいろな商品が販売されていますが、ここでは、私が実際に飲んで試した人気のDHA・EPAのサプリメントをご紹介します。
DHA&EPA+セサミンEX