血液がサラサラになると言われるDHAとEPA

DHAとEPA

青魚に多く含まれる成分で頭が良くなる、血液がサラサラになると言われているものに、DHAとEPAがあります。
DHAは、ドコサヘキサエン酸で主に青魚の脂肪に多く含まれている多価不飽和脂肪酸です。

冷たい海に住んでいる魚の脂で低温状態でも固まらないものとなっています。
そんなDHAの効果は様々な研究がなされ臨床されています。

まず、DHAは、脳内に入ることができる成分で神経細胞を活性化させ、記憶力や学習能力を向上する働きがあります。
他にもアルツハイマー型認知症に対する効果、血流を改善する効果、視力を回復する効果、アレルギーを予防する効果、精神を安定する効果が立証されています。

また、欧米諸国の子供より日本人の子供の方が記憶力などが良いと言われており、それは、DHAを多く含む青魚を食べているからと言われています。
EPAは、エイコサペンタエン酸でDHAと同じく多価不飽和脂肪酸です。

1960年代にデンマークのダイアベルク博士たちが行ったグリーンランドのイヌイットの人々の血液を調べた時に注目されて研究が進められました。
イヌイットの人々は、心疾患になりにくく、それはEPAを多く摂取しているからということがわかりました。

そんなEPAの効果は、花粉症やアトピー性皮膚炎の改善効果や美肌効果、血流改善や悪玉コレステロールや中性脂肪を下げる働きもあり、生活習慣病予防にもつながっています。
生理痛の緩和効果もあるとされており、DHAもEPAも人々の健康のためには欠かせない成分となっています。


きなり DHA&EPA

オススメのDHA・EPAはこちら

ドラッグストアーやネット通販で人気の「DHA・EPA」のサプリメントは、各社いろいろな商品が販売されていますが、ここでは、私が実際に飲んで試した人気のDHA・EPAのサプリメントをご紹介します。