DHAやEPAには具体的にどんな効能があるか

DHA EPA

近年、DHAやEPAといった成分を含むサプリメントなどの健康食品が人気を呼んでいます。
DHAとEPAはどちらも必須脂肪酸と呼ばれる物質の仲間です。

脂肪、という言葉を聞くと身体に悪いもののようなイメージがありますが、健康被害の原因となる中性脂肪の増加は牛肉や豚肉、バターなどに含まれる飽和脂肪酸と呼ばれる成分の摂り過ぎによって起こります。

これに対してDHAやEPAは不飽和脂肪酸に属する成分で、逆に体内の脂肪を減少させる作用を持っています。
しかもこれらは体内で合成することができないため、外から補給するしかありません。

そのため「必須」脂肪酸と呼ばれているのです。
DHAとEPAのいずれも、食品の中ではさんま・あじ・いわしなどの青魚に含まれています。

従来、こうした青魚は日本人の食卓に頻繁に登場するものでした。
しかし最近では欧米風の肉中心の食生活が定着し、食べる量が減ってきています。そのためDHAやEPAの摂取量もサプリメントなどを利用しないと十分ではなくなってきています。

ではDHAやEPAには具体的にどんな効能があるかというと、1つは先に述べたとおり中性脂肪を減らす効果です。
同時に悪玉コレステロールを減少させる効果もあります。

また、アトピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギーを促進する酵素の働きを抑える効果もあります。
さらにDHAについては脳に達して神経伝達物質の量を増やし、計億力や学習能力を高める働きがあります。

一方、EPAにはGLP-1というホルモンの分泌を促す働きがあります。
このホルモンにはダイエット効果があるとされています。


きなり DHA&EPA

オススメのDHA・EPAはこちら

ドラッグストアーやネット通販で人気の「DHA・EPA」のサプリメントは、各社いろいろな商品が販売されていますが、ここでは、私が実際に飲んで試した人気のDHA・EPAのサプリメントをご紹介します。