DHAの効果

DHA EPA

DHAが体内の脂質バランスにおいて作用してくれる効果は、LDLコレステロールを減らしHDLコレステロールを増やしてくれることと、中性脂肪の合成を抑えてくれることです。

血中脂質のバランスでは総コレステロールはもちろん、LDLコレステロールや中性脂肪が多いこと、合わせてHDLコレステロールが低いことが問題視されるわけですから、減らしたいものを抑えてくれて保ちたいものを増やしてくれるという意味で理想的な働きです。

血中脂質のバランスが整うことで動脈硬化は起こりにくくなりますので、動脈硬化をリスク因子とする脳血管疾患や虚血性心疾患の予防にもつながるのです。
同様に、脳血管疾患や虚血性心疾患では血栓が詰まって起こるパターンもあります。

DHAには血小板の凝集を抑制する効果もありますので、この面からも予防効果があると言えるでしょう。
脳ということであれば、DHAは脳をはじめ神経組織に多く含まれています。

DHAを摂ることで神経伝達がスムーズになるという効果も期待できます。
これは学習能力や記憶能力ということだけでなく認知症の予防にもつながることです。

EPAの効果

EPAもコレステロール低下作用があります。また血小板の凝集を抑制するだけでなく、血栓を溶解させるのでいわゆる「血液をサラサラにする」などと言われるような効果は、よりEPAに期待される働きです。

このことから、循環器系疾患の予防効果はDHAと同様に、期待できます。血管を拡張させる作用があることもわかっています。

これは高血圧の予防や改善につながる働きです。高血圧も血管への負担をかけることや、その他の生活習慣病のリスク因子となることから、できれば避けたい事態です。
しかし食塩摂取量が多めの日本人にとってはとても身近な病態です。減塩やカリウム摂取と合わせて、EPAを摂取するのも良いでしょう。

予測される効果まとめ

コレストロールを下げる!
EPAとDHAには、血中のコレステロールを低下させる働きがあります。
動脈硬化を予防し成人病のリスクを低減させます。

中性脂肪を減らす!
EPAには、皮下脂肪や内臓脂肪を減らす働きがあることが分かっています。

血液をサラサラにして血栓を予防する!
EPAには、脳梗塞や心筋梗塞の原因となる詰まり、「血栓」をできにくくする働きがあります。

アレルギー症状を抑える働き!
DHAやEPAには、炎症やアレルギーの原因とされる物質の抑制効果があるというデータがあります。

免疫力を高めてくれる
DHAやEPAには、免疫力に大きくかかわる白血球の機能を正常化する働きがあると言われています。

記憶力、判断力を高める働き!
神経細胞の末端やシナプス細胞を活性化するDHA効果によって、判断力や理解力を高める効果も期待できます。

認知症に対する効果!
DHAには、脳細胞や神経細胞を修復し、残った細胞をサポートする働きがあります。

視力に関わる効果!
DHAは、この網膜中成分の半分近くを占めています。結果的に視覚機能が向上するため、視力が回復するといわれています。

記憶力を高めてくれる
DHAの摂取効果といえば「頭をよくしてくれる」「記憶力をよくしてくれる」働きがあります。


DHA・EPAとは
DHA EPAの特徴
DHA EPAの口コミと評価
DHA EPAの評判
DHA EPAの飲み方

サントリー DHA&EPA+セサミンEX

オススメのDHA・EPAはこちら

ドラッグストアーやネット通販で人気の「DHA・EPA」のサプリメントは、各社いろいろな商品が販売されていますが、ここでは、私が実際に飲んで試した人気のDHA・EPAのサプリメントをご紹介します。