DHA(ドコサヘキサエン酸)は、オメガ3系の不飽和脂肪酸の一つで、マグロ、サンマ、サバ、イワシなどの脂肪(魚脂)に多く含まれる必須脂肪酸です。
DHAの大きな特長は、「血液脳関門」や「血液網膜関門」というきびしい関所を通りぬけ、直接脳や目に入っていける唯一の脂肪酸だということです。

EPAはこの関門を通過することができません。
そのため体内でDHAは、脳や目の網膜、神経系統に多く分布し、記憶力を良くしたり精神を安定させるなど、学習や精神活動に関わる働きをしてくれるのです。

また目の健康や動体視力アップにも有効です。
EPA(エイコサペンタエン酸)は、DHAと同様魚脂に豊富に含まれる不飽和脂肪酸です。健康維持になくてはならない栄養成分ですが、体内でつくられることはほとんどなく、食品やサプリメントで補うしかありません。

EPAの特長は、何といっても固まりにくく体に溜まりにくいこと。
それどころか、血液中の余分な中性脂肪やコレステロールを減らしたり、血栓ができにくくするという嬉しい働きをしてくれるとってもユニークな油です。

魚脂は透きとおって、氷点下でも固まらずサラサラしています。
動物性脂肪に多く含まれる「飽和脂肪酸」は、多く摂りすぎると中性脂肪やコレステロールを増やす要因といわれています。

また、n-6系やn-3系列の「多価不飽和脂肪酸」は体内合成が出来なく、必ず食品から摂らなければならないので「必須脂肪酸」と呼ばれています。
しかし、この必須脂肪酸の中でも、n-6系の「アラキドン酸」や「リノール酸」は多く摂りすぎると、いろいろな問題を引き起こす原因になるといわれています。

バランスが大事で、健康のための脂肪の摂り方としては、いろいろな脂肪酸を「バランスよく」「適量」摂ることが大事なのですが、私たちの最近の食生活では「食の欧米化」や外食の機会が増えていることもあり、肉類に含まれる脂や料理に使うサラダ油などを摂りすぎているといえます。

あまり考えずに食事を摂っていると、脂肪酸をバランスよく適量摂取することは「非常に難しい」というのが現状ではないでしょうか。
日ごろ から「適量」を意識してトータルの油の摂取量に気をつけ、「バランス」を意識して「DHA・EPA」に代表される「n-3系の不飽和脂肪酸α-リノレン酸」を多く摂ることが健康上必要といえるでしょう。


DHA・EPAとは
DHA EPAの特長
DHA EPAの口コミと評価
DHA EPAの評判
DHA EPAの飲み方

オススメのDHA・EPAはこちら

ドラッグストアーやネット通販で人気の「DHA・EPA」のサプリメントは、各社いろいろな商品が販売されていますが、ここでは、私が実際に飲んで試した人気のDHA・EPAのサプリメントをご紹介します。
DHA&EPA+セサミンEX