サバやイワシなどの青魚に多く含まれるEPA、血液サラサラに良いということは広く知られています。
中性脂肪が気になる人も、積極的に取り入れたい栄養素です。
EPAの効能は何といっても血液サラサラ効果ですが、これは血小板の凝集を抑制する効果があるためです。

血液の流れが良くなり、動脈硬化の予防や改善に役立ちます。
また、中性脂肪を減らす効果があることでも注目されています。
食事で摂取された脂質は小腸から吸収されて血液へ入り、身体中で必要なエネルギーへと変換されていきます。

しかし、使いきれなかったエネルギーは中性脂肪として蓄えられます。
EPAは中性脂肪の代謝を促進する効果があります。さらに、中性脂肪の合成を抑制する効果、脂肪分解酵素の働きを促進する効果で、余計な脂肪を蓄えない身体を作ることが出来るのです。

近年の食事事情では、魚よりも肉の摂取量が上回りEPAを摂取することは困難になってきています。
また、青魚は独特な臭いがするため好き嫌いがあり、敬遠されがちです。
そのため、EPAのサプリメントが数多く販売されています。臭いが苦手な人へは、青臭さが気にならないサプリメントも販売されています。

EPAの他に血液サラサラ効果のある栄養素はDHAやビタミンEなどです。
DHAは悪玉コレステロールを減少させる効果があり、ビタミンEは悪玉コレステロールの酸化を抑えて血小板の粘着を抑える効果があります。
サプリメントではたいていEPAとDHAが一緒になっており、さらにビタミンEを含めて効果を高めているものもあります。


きなり

オススメのDHA・EPAはこちら

ドラッグストアーやネット通販で人気の「DHA・EPA」のサプリメントは、各社いろいろな商品が販売されていますが、ここでは、私が実際に飲んで試した人気のDHA・EPAのサプリメントをご紹介します。