カツオやマグロやサバやサンマやイワシなどの青魚に含まれる成分であるEPAやDHAは、動脈硬化の予防に効果がある成分として注目を集めています。
EPAはエイコサペンタエン酸、DHAはドコサヘキサエン酸の略で、不飽和脂肪酸の一種です。

動脈硬化は、加齢、偏った食生活による栄養不足、運動不足、睡眠不足、肥満などにより血圧が上昇したり血中のコレステロールや中性脂肪の数値が上がることが原因で起こる血管の疾患です。
これらの原因により血管が狭くなったり硬くなったりすることで血液がうまく流れなくなってしまう状態です。

動脈硬化が進行すると脳出血、脳梗塞、心筋梗塞、狭心症などの病気の発症のリスクを高めてしまいます。
EPAやDHAは、そのリスクを下げて健康で若々しいしなやかな血管を保つことができるのです。

具体的な効果としては、中性脂肪やコレステロールを低下させる効果、高血圧を予防する効果、血液をサラサラにする効果、血栓を予防する効果、アレルギーを抑制する効果などがあります。
さらに、DHAには記憶力や集中力をアップさせたり認知症を改善させたりする効果もあります。

血管を健康に保つことと同時にアレルギーの抑制や脳の機能のアップにも効果があるのです。
ですので、積極的に青魚を食事に取り入れて健康な体づくりに役立てましょう。

青魚を食事に取り入れるのが難しい場合は、EPAやDHAが配合されているドリンク剤やサプリメントを使用するのがよいでしょう。
健康習慣として手軽に摂取することができます。

DHA EPA+ケルセチン

オススメのDHA・EPAはこちら

ドラッグストアーやネット通販で人気の「DHA・EPA」のサプリメントは、各社いろいろな商品が販売されていますが、ここでは、私が実際に飲んで試した人気のDHA・EPAのサプリメントをご紹介します。