DHA&EPA セサミンEXの効果的な飲み方

DHA&EPA セサミンEXの飲み方

1日3g以上の摂取は避ける

DHA・EPA合わせて1日3g以上の摂取は、避けるのが無難と考えられています。
欧州食品安全機関(EFSA)では1日5g、アメリカでは3g摂っても特に問題ないとはされていますが、日本においては1日1gが推奨されています。

というのも、3g以上摂ると、吐き気や下痢、鼻血などの症状が現れる可能性が高まると考えられているためです。
体のためにと青魚を意識的に食べ、かつサプリメントも活用しているという方は、1日の摂取量に十分注意しましょう。

DHA&EPA・セサミンEXは1日の摂取目安量4粒内に、DHA300mg,EPA1000mg、DPA15mgセサミン10mgを配合していますので、この量を毎日、摂取しても問題ないです。

薬を服用している際は、その種類によって摂取量に注意する

DHA・EPAには、血液をサラサラにして血栓をできにくくする作用があります。
そのため、血液を固まりにくくする薬(血液凝固阻止剤)を服用している方、出血が止まりにくい傾向のある方は、医師に相談のうえ摂取量を決めましょう。

また、DHAとEPAには血圧低下作用も確認されています。
血圧を下げる薬を服用している方は、薬との相乗効果で下がりすぎてしまう可能性があるので、その場合も医師の判断を仰ぎましょう。

DHA・EPAサプリは、水やぬるま湯で決めた時間に

サプリメントで無理なく摂り入れることができるDHA・EPAですが、いつ飲めば良いでしょうか?サプリメントというのは薬ではありませんので、基本的にはいつ飲んでも問題はありません。

ただ、毎日摂り入れることが望ましいので、飲み忘れにくい時間帯に飲まれることをおすすめします。
例えば、食後であれば忘れないという方であれば食後に、就寝前の方が忘れないという方なら就寝前にといった具合に、飲み忘れにくい時間帯に摂り入れましょう。

また、サプリメントを飲む際はなるべく水やぬるま湯で飲むことをおすすめします。
これは、DHAやEPAに限らずどのサプリメントにも同じことが言えますが、他の成分と一緒に摂ることで場合によっては成分が体内で上手く働かなくなってしまうこともあるからです。
特にDHA・EPAはお湯で飲む事はNG。

DHAやEPAをはじめサプリメントを飲む際はなるべく水やぬるま湯で飲むことをおすすめします。
これは、DHAやEPAに限らずどのサプリメントにも同じことが言えますが、他の成分と一緒に摂ることで場合によっては成分が体内で上手く働かなくなってしまうこともあるからです。

また、DHAやEPAの場合、水の温度にも注意が必要です。
DHAやEPAは熱を加えることで酸化してしまうという性質を持っているからです。

サントリー DHA&EPA+セサミンEX


オススメのDHA・EPAはこちら

ドラッグストアーやネット通販で人気の「DHA・EPA」のサプリメントは、各社いろいろな商品が販売されていますが、ここでは、私が実際に飲んで試した人気のDHA・EPAのサプリメントをご紹介します。
DHA&EPA+セサミンEX